--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-30

ぱんぷあっぷ!

猟期が始まってから、ずっとオオタカとハリスでの一人遊びは続けています。
『渡り』と称して、猛禽屋・下・裏・表・小野川と・・・。

で、オオタカ・・・。

若の時から知っているメンバーの方なんて、「あれ?それ、nanno38さんの鷹???若から使ってる奴?急に大きくなってない?」って。。。
え。。。大きく見えますか?若から使ってるのですけどぉ。。。

何か横幅が広がって見えるらしい。。。

その都度、答える僕持論。。。「ボーダー!」
横縞膨張理論!を説明するも、誰も同調してくれた人は居ません。

ストライプは痩せて見える!が…、ボーダーは太って見える!という内容ですが。。。

まぁ、面白いぐらいに誰も相手にしてくれません^^

と言うことで…、実際、体重の管理値の変化もあるので。
体重だけで一概に言えるものではないのは知っていますし、馴れの問題もあるのですが、第三者に伝えるのは定量的な数値が一番かな?と。。。

諸元:フィニッシュゴス雄3歳(インプリント)→今年4回目の猟期です。
<初年度>
緑糞出始体重:670g
初期訓練:690g
渡り訓練:715g
狩り710g
猟期の飛翔時の体重管理で、翌日体重維持の必要餌量:ウズラ1~1.5羽

<4年後>
緑糞出始体重:720g
渡り:760g~800g
狩り:750gぐらい
猟期の飛翔時の体重管理で、翌日体重維持の必要餌量:ウズラ1.5~2羽

でかくなってるみたい。。。
いつも一緒に居ると見た目の変化はそれほど分からないものなのですね^^
数値記録しておいて良かった。。。

因みに鳥屋時のマックス体重・・・?マックスではないかも。。。
ですけど、今までに測って、ビックリした体重は、1043gです^^

あくまでも僕の情報ですので、ほぉぉぉ。と眺めて頂く程度に^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。