--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-04

其四

最期の戒めです!
遅くなりました!

4と言う数字を好まない人が多いのは、知っています。

僕は、割と好きだったりします!

本当は、もっと早く書こうと思っていました…。

猛禽に限らず、前に進むための変化に順応しなければいけない!

僕は、執念深いとか、しつこいとか…。

僕の線引きは、簡単ですが、なかなか面倒な性格なようです!

本当に0か1です!

だから、オオタカが大好きです!

自分の考えを押し通したいのを改めないといけない時もあります!

それを学ぼうと思います!

全ての鳥と、お別れをして、一年間の予定で自戒しようと思います!

このブログも猛禽との接点を書くために開設したので、一年間お休みさせてください。

…、一年間、長いようで短いですが、更新もないブログは、リンクから消えてしまうかも…。

お世話になりました。
本当にありがとうございます。
また、戻られるように努めます!

(*'▽'*)
スポンサーサイト

2011-09-30

其三

考え過ぎないこと!

何かにつけて、原因を追及したがる性格の僕は、屁理屈と言われてもしようがないぐらいに…。

何かと何かを結びつけたがる。

単独で物事が生じる事が無いと思っているから…。

でも、原因が分かっても解決しなくても良い事ががあるのも知っています。

流される事も重要ですよね。
自分の形を決め込まないために…。

でも、流れを見誤らないようにしないと大変なことになります。

激流でも良いんです。順流なら!
逆流には飲まれないように水の流れを見極めてみます。

流れを読む!空気を読む!

結局、考えはじめてしまいました。
猿にでもできる反省でもしてみます。

とこう言う時は、鷹を乗せて無心になるのが、一番かも…。

2011-09-22

其二

昔の手法が良くないとは思わないけど、全面的に良いとも思わない!

文明の利器を利用しない手は無い。

特に手技が伴わない僕にとっては…。

先ずは『肉色』

これまで沢山の禽を調教させてもらったので、ある程度は分かる!

これだけで管理しないといけない状況になっても多分、できる気がする。

でも、併せて体重計を必ず利用します。何故なら、肉色だけでは分からない変動が隠れている事があるから、例えば、ペリットの残存とか…。

オオタカは、反応だけでも分かりますが…。ハヤブサは、そうはいかない…。

オオタカでも、甘く見ると足元を掬われる時がある。

次は『テレメ』

上と同じ理由で、例え一回の渡りでも必ず付けます。

毎回、付けると鷹も付けられるのになれてくれる。
楽で良い!

テレメを付けなくても、調教や狩りの終わりに手に戻す自信はあります。
教わりましたから…、猛禽屋の技法!
簡単なんです。戻らない様な状態と状況では飛ばさない。

これがなかなか難しいかもですね。
眼力を養わないといけません。
紐なしで、無碍に飛ばすのは、人間が格好をつけるためではありません。
禽に嫌がらせをしないためだと思います。

だから、オールドシリーズは、そこまでの知見で紐を取れと言うのだと思います。

逆に、オールドシリーズに紐は要らないと言われたら、調教が順調で間違っていなかったと安心して良いと思います。

でも、テレメは必ず付けます。

楽しい考え事!
僕のブログ、マイナスイメージの強い内容が多いようにうけとられますが、本人は、至って楽しんでいます。

初心忘れないように!

2011-09-17

其一

自分に言い聞かせるために…。

慢心しないように。

猛禽屋さんに入荷された禽は、素晴らしく質が良いです。

簡単に事が進むと自分が出来るようになったかと錯覚する。

実は僕は何も出来ない。

にも関わらず…。

禽が出来るだけです。

これを理解して、心の片隅に置いておかないと何も出来ない無能のままです。

出来る人は言う…、『禽が良いからね。』と…。

だって、据えた次の日に首曲げてねるんだもん。

それから、遊び過ぎました。
もう一度やり直しですね。

今日、どうしても首曲げて寝させたいと思って、じっくりと…。
のはずが…、据えて直ぐに寝ました。

やっぱり禽の質が良い!

もう一度、やり直します。
禽は良いんです。
僕の慢心が良くないので、槐にも付き合ってもらいます。

慢心は良くない。

其一から始まる自戒!
後、3個あります。

2011-09-14

我侭!

割と我侭!
一ヶ月経ちました。

渡りとか何とか。調教とか何とか。
ブリントが効いていて楽です。

詰めるとか何とか。肉色とか何とか。
凄く大切な事も気付かないままに…。

オオタカって、簡単なのかな?

ただ、通った過程で、いつか何かのきっかけで苦労するのが目に見えているので、僕は教わった事を全てしておこうと思います。

もしかしたら、必要無い事かもしれません。

馬鹿正直も度が過ぎるとただの馬鹿ですね。

一つの事ができたら、全てができる。
確かに…。そんな気もします。

でも、僕は教わった事を全てしておこうと思います。

皆さんのスタイルは、勉強になります。

僕のする事は、ブリントの効いた質の良いオオタカには、直ぐに必要無い事が多いかもしれなせん。

最後は、獲った。獲らなかった。が、話題の中心になります。

だから、自分のスタイルで獲ればいい。

雌オオタカ…、『槐(えんじゅ)』スタートしています。

オオタカの調教は、時間が解決するかもしれませんけど、根幹を間違えると余計な時間を費やします。

技法と手技、人間側を鍛えないと楽しい事も楽しくなくなりましょう。

少し少しなんです。少し頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。